ようこそSALIDA掲示板へ。



■掲示板へ直行はここ■



 SALIDA掲示板の特徴や使い方の概略、お約束ごとなどを以下で説明しています。いかなる不精者もセッカチも、少なくとも一度は読んでおいてほしいものだよよよねぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜、お願いしますよんっ。

投稿に関する禁止事項と強制削除

SALIDAの掲示板では、以下のような文面や添付物の投稿を禁止します。
 個人や企業/各種団体などを安易に誹謗中傷するもの、営利営業的な内容を含むもの、他人のプライバシーを侵害したり尊厳を傷つけうるもの、公序良俗に反するもの、その他webサイトSALIDAに不適切と思われるもの。
 上記の判断は最終的につじ・つかさが行い、状況により予告なく強制削除する場合もあります。
というような常識はもちろんのこと、発言に際しては社会人としての自覚を持ってくださいね。自分の発言には責任を持つベシ! そして、ここは公園と同じように、誰でも訪れられるパブリックスペースです。仲間内だけの個室での会話とは違うことを心得てください。世界中の人が、この掲示板を読めるのです。

では掲示板へ。


携帯電話での閲覧と投稿

この掲示板は、ケータイでも閲覧と投稿ができます。ケータイに、以下のURL(アドレス)を入れてみてください。
http://tsuji-tks.com/cgi_bbs/bbs_1/c-board.cgi
当初、ケータイ上では”ひらがな”の部分が半角カタカナ表示でしたが、今は普通のひらがなにしています。操作が重いとかの問題があれば管理者までご連絡ください。どちらにしろパソコンで見たりカキコするほどの軽快さはないけど、いつでもどこでもチェックと投稿ができるのは、やっぱり便利。ツーリング先からのリアルな報告とか、ガンガンやってください。

では掲示板へ。


閲覧

掲示板の投稿記事を眺めるのに特別な技術や知識など、いるはずがありません。ただ、この掲示板にはいろいろと機能があります。それを知ると、あなた好みの表示スタイルにしたり、投稿者に直接メールを送ったりできて便利です。
掲示板を別画面で開いてみましょう>>>こちらをクリック!
 最初に掲示板を開いたときは、表示スタイルが「ツリー表示」になっています。でもこれは、ブラウザーの上端と下端にある「一覧表示」や「トピック表示」をクリックして変更できます。また「設定」をクリックしてダイアログを開き、「デフォルトの表示モード」を任意のものにすると、次に掲示板を開いたときの最初の表示モードを好きなように設定できます。いろいろといじって遊んでみてください。
各投稿のタイトル(題名)行の右端にが表示される場合があります(表示か非表示かは設定可能)。これは、あなたがまだ一度も見ていないという「未読マーク」です。一度投稿を読むと消えますが、あまり古いものにはすべてマークが付いてしまいます。あなたの既読を記憶できる数は現状で100個に設定しています。
ツリー表示では、任意のタイトル(題名)をクリックすることで、その記事が読めます。投稿文の下部には、そこにブロック化されている各投稿のツリーと、今どの投稿文を指定しているかが表示されます。ブロック化されている投稿のうち、最初の投稿の左にある▼マークをクリックすると、そのブロックの投稿すべてが表示されます。またツリー表示では、各投稿を結ぶ点々線をクリックすると、クリック地点以下にぶら下がっているすべての投稿内容が表示されます。
トピック形式では、最初に新しいテーマで投稿した人のタイトルをクリックすると、それを含めて以下にぶら下がっている投稿内容すべてが表示されます。
投稿記事に写真が貼付されている場合は、その写真をクリックすると別画面に拡大表示される場合があります。拡大されるか否かは、投稿写真のサイズ次第です。
写真に限らず、投稿記事に何かが添付されている場合は、ツリー表示やトピック表示ではタイトルなどが記された行に「ゼムクリップ」のマークが付きます。各々の投稿を開いた状態では、記事の右側に添付ファイルの存在と、そのファイル名、ファイルサイズが表示されます。テキストファイルなど画像以外が添付されている場合は、投稿文章の下にそれが表示されないことがあり、この文章右の添付ファイルマークをクリックして別画面に表示させる必要があります。あるいは、添付ファイルマークを右クリックし「対象をファイルに保存」という手もあり、テキストファイルなどはこの方法でダウンロードしてからお好みのワープロソフトやエディターで閲覧するのを推奨します。
投稿記事の最後の右端には、その投稿を何人の人が読んだかが「**hits」と表示されます。返信の数とは関係なく、けっこうな人がその記事を読んでいたりするのが分かりますね。
投稿記事を開いたとき、投稿した人の名前の右側に以下のようなマークが表示される場合があります。
********************************
これは投稿者が自分のメールアドレスを公開していることを示しており、このマークをクリックすれば、その投稿者へ直接メールを送ることができます。
********************************
このマークが表示された場合は、投稿者が自分のホームページなどwebサイトを登録していることを示しています。このマークをクリックすれば、そのwebサイトへ別画面で飛べます。

では掲示板へ。


投稿

掲示板を別画面で開き>>>こちら、掲示板ページの上端、及び下端にあるリストから、左端の「新規投稿」をクリックしてみましょう。投稿用の入力画面が現れますね。各内容のうち、投稿者/題名/内容/パスワードの各項目は、入力必須です。何も入力しないと、エラー警告画面になります。パスワードは英数半角10文字以内。投稿者名やパスワードは、一度入力すると無操作でも30日間保持されますので再入力の手間が省けます。変更もいつでもできます。ただ、投稿した記事に対するパスワードはお忘れのないように!
********************************
「Eメール」は、あなたのメールアドレスを入力するところです。入力は任意ですし、入力しておいても、その右にあるボックスで「表示」か「非公開」かを設定できます。ツーリングの誘いなど、直接メールを望む場合はメールアドレスを入力し「表示」に設定しておくべきでしょう。入力し「表示」にすると、あなたの記事の投稿者名の横に右のマークが表示されます。
********************************
「ホームページ」は、基本的にあなたがホームページを持っている場合に、そのURL(アドレス)を記入するところです。記入すると右のマークが表示されます。ご自分のホームページを知らせたい場合にはよい方法で、どんどんご活用ください。ただし、営利目的要素が含まれるwebサイト、及び公序良俗に反するwebサイトの登録は原則禁止とし、その判断はtsujiが行います。
********************************
「ファイル」の欄が3個ありますね。これは添付ファイルをアップするところです。もちろん何も記入しなくてもいいのですが、写真などを公開することができるのがこの掲示板の特徴です。
 メールへの添付と同じ感覚で、写真などを貼付できます。しかも、一度に3個まで可能!
 添付ファイルの指定は、直接入力でもかまいませんし、右側の「参照」をクリックしてご自分のパソコンにあるファイルから探す方法もあります。
ひとつの投稿に添付できるファイル容量は、1〜3個の添付ファイルの合計で1投稿につき200KBまで。添付できるファイルの種類は、画像系なら[*.jpg]や[*.gif]で、長い文章などもプレーンテキスト=[*.txt]の形式で添付できます。pdfファイルやワード文書ファイルなどは禁止です。いといろと試して遊んでみてください。
 なお、皆さんが投稿された添付ファイルは、総量で10MBまで保存されます。10MBを超えた添付ファイルは、古いものから順次削除されていきますのでご了承願います。

では掲示板へ。


削除

難しく考えることはありませんよ、まずは「新規投稿」なり「返信」なりで投稿してみましょう。失敗したら「削除」すればいい。
投稿した記事の削除は簡単です。その記事を開き、記事の右上方にある「削除」のマークをクリックするだけです。投稿したときからあまり時間がたっていなければ、削除マークの右のパスワードが「……」となっていて、投稿時のバスワードが生きていますから、これだけでOK。パスワードを変更していたり、しばらく掲示板を使っていない場合は、投稿時のパスワードを再入力する必要がありますけどね。
なお、あなたの記事に対し返信がある場合は、削除できません。もちろん、他人の記事もダメ。これは覚えておいてください。

では掲示板へ。


返信

誰かの投稿に対して、返事というか応答する形での投稿をしたい場合は、対象の記事の右上方にある「返信」マークをクリックしてください。
単にクリックすると、対象記事の投稿者名、及びその投稿文章が引用表示されます。その引用部分の編集も自在。メールでの返信と同じ感覚ですね。引用したくなければ「引用なし」にチェックを入れることも可能です。
複数の記事が連なっている場合は、複数の投稿者やその記事を引用することも可能。各記事からコピペすりゃいい。このあたりは、センスの問題ですな。
 すでにいくつかの投稿がツリー状になっている場合、どの投稿に対して返信を入れるかかがポイントになります。タイトル名も、単に引用の「Re:***」とするか、自分で手を加えて別のものにするか……。投稿後のツリー状態をビジュアル的に考えて行うと効果的。このあたり、センスの問題ですな。

では掲示板へ。